仕事が死ぬほど暇で辛い状態の問題点3つと僕が脱出するためにしたこと

 

画像名
会社員男性
仕事が死ぬほど暇すぎて辛い
人生を無駄にしている気がする

 

こんな悩みを解決します。

結論からいうと、仕事が暇すぎる状態は人生の無駄です。副業をして自分で稼ぐ力を身につけましょう。一切の暇な時間がなくなります。

 

こんにちは、はやとです。

僕は、研究開発職という仕事柄「待ち時間」がたくさんありました。

例えば、1回3時間くらいの実験を1日に3回やったりしましたが、3時間の待ち時間が暇で仕方ありませんでした。

hayatoblog
はやと
待ち時間に資格の勉強もしましたが、別に給料が増えるわけでもないので身は入らず・・・。

 

ですが、副業を開始したところ、一気に人生が充実しました。

仕事が暇すぎる状況を作ったのは上司の責任なので、最終的には辞めて起業するという選択肢もあります。

関連記事>>部下が辞めるのは上司の責任な理由!評価が下がって出世にも影響?

 

今回は、仕事が死ぬほど暇で辛い状態からどうやって人生を充実させたらいいのか、僕の体験談をもとにご紹介します。

【本記事の内容】
・仕事な死ぬほど暇なのが問題な理由
・暇すぎる仕事から脱出する方法
・副業で人生を変える方法

仕事が死ぬほど暇なのは問題?

仕事が暇で悩む人というのは実は結構います。

僕のように「仕事と仕事の合間の待ち時間が多い」というのはまだ良い方で、

「不景気で仕事がない」

「仕事が簡単すぎて暇を持て余す」

といったように、仕事に行っているのに、仕事がなくて暇というパターンに悩む方が多いです。

 

忙しい人たちからすると

「仕事がなくても給料がもらえて羨ましい!」

と思われるかもしれませんが、することがなくて暇というのは意外と苦痛です。

 

そして、「暇すぎて辛い」という状態まで行くと

・時間を無駄にしている
・社会的価値がなくなっていく
・プライベートが楽しめない

といった問題が発生します。詳しく解説したいと思います。

 

問題点① 時間を無駄にしている

これはもうお分かりだと思いますが、「仕事が暇すぎて辛い」というのは人生の大切な時間を無駄にしています。

特にする仕事がないからといって、「早く時間が経たないかな〜」と時計を眺めるだけの毎日は、あまりにも時間の使い方としてもったいないです。

 

お金の問題であれば、借金地獄から一発逆転なんてこともあり得ますが、時間はどんなに頑張っても取り戻すことはできません。

そんな貴重な時間を何もすることなく無駄にすることほどもったいないことはないです。

 

ただ、暇でも楽しかったり、そのままでもいいやと思っているのであれば、その時間の使い方に満足しているということなので問題ないです。

 

問題点② 社会的価値がなくなっていく

仕事が暇だからと言って何もせずに過ごしていると、社会的価値がなくなっていきます。

あなたが暇を持て余している間にも、努力して日々成長している人はたくさんいます。

5年後、10年後にはとんでもないような差になって、雲の上の存在になっていることでしょう。

同年代のライバルのたちと比較して、何のスキルも成果もなければ、当然、転職やキャリアアップはどんどん難しくなっていきます。

 

さらに、あなたが今持っているスキルも、使わなければどんどんサビ付いていきます。

例えば、高校時代に部活動でしていたスポーツを10年振りにやっても、当時のようには動けませんよね?

覚えたことや身に付けたものは、日常的に使わないとどんどんサビ付いていき、いざというときに役に立ちません。

 

このように仕事が暇だからといって、自分磨きを怠っていると周りとの差がどんどん広がっていき、社会から必要とされない人間になってしまいます。

 

問題点③ プライベートが楽しめない

「仕事が辛かったら、プライベートでリフレッシュしたらいい!」という意見もありますが、仕事の悩みはプライベートの時間すら蝕んできます。

休日に遊んでいるときも頭からは仕事のことが離れませんし、末期症状までいくと休日前の帰り道ですら休み明けの仕事のことを考えてしまいます。

このように、プライベートの時間でも仕事のことが頭から離れないのは、仕事が人生の中で重要な立ち位置にあるためです。

 

まず、お金がなければ生きていくことはできませんが、お金を手にするには仕事をしなければいけません。

さらに、日々の仕事が1日に8時間と仮定したとして、1日のうち1/3が仕事の時間ということになります。

それが大体週5日あるわけなので、人生のほとんどの時間は仕事の時間と言っても過言ではないです。

 

このように、仕事は人生の中でも重要な「お金」と「時間」という2つのポイントで大きな役割を担っているため、仕事の悩みは人生の悩みと言えるほど大きなものになるのです。

よって、プライベートだけで仕事の悩みを解決することは難しく、逆に仕事の悩みがどんどんプライベートを蝕んでいってしまいます。

 

 

以上が、仕事が暇すぎて辛いというときの問題点です。

hayatoblog
はやと
暇すぎて辛いという感情はかなり深刻な状態ですので、できるだけ早く行動するようにしましょう。

 

暇すぎる仕事から脱出するにはどうしたらいいのか?

それでは、仕事が暇すぎるという状態から抜け出すためにはどんなことをしたらいいのか?ということをお伝えしていきます。

 

具体的にどんな行動をしたら良いのかというと

・資格の勉強をする
・転職する
・副業する

といった方法です。

この中でも特におすすめなのが「副業」ですが、なぜこれらの行動が良いのかひとつずつ解説していきます。

 

資格の勉強をする

仕事が暇で時間が余っているのであれば、暇な時間を資格の勉強に使うことで有効活用できます。

資格というのは、自分のスキルが社会的に認められているという価値の証明になります。

例えば、ガソリンスタンドの店員になるときに「危険物乙種4類」の資格を持っていると有利になるように、資格があれば社会的な価値を高めることができます。

 

最もいいのは今の自分の仕事に関連する資格ですが、自分の興味のある資格ややってみたいことに関連する資格でも構いません。

とにかく自分自身の価値を高めておいて、いざという時に自分のことをアピールできる状態にしておくことが大切です。

 

ただし、「とりあえず、簡単な資格でも取ってみよう」というやり方は暇つぶしをしているだけですのでおすすめしません。

資格は自分の社会的価値の証明であり、自分の存在価値の証明です。

なので、自分がやりたい仕事で周りから価値を感じてもらえるような資格を勉強するようにしてください。

 

転職する

転職は現状を変える手っ取り早い方法でしょう。

仕事が暇で辛いのであれば、少しでも忙しい仕事に転職すれば解決します。

 

ですが、転職は人生の中でも相当大きな決断なので、どんなに仕事が暇で辛くても簡単に決められることではないです。

そんなときは転職エージェントサービスを利用してみるといいでしょう。

転職エージェントでは、転職者の現状やスキル、希望を聞いた上でアドバイスをくれたり、転職先を紹介してくれたりします。

また、今の自分に足りないことや行動するべきことも分かるので、場合によっては、アドバイスを今の職場に活かすことで悩みが解決することもあると思います。

 

ただ、転職に失敗してしまうと、次もすぐ転職できる可能性はかなり低いので、注意が必要です。

 

副業する

副業は最もおすすめの行動です。

なぜなら仕事が暇すぎて辛いと思う背景には「社会の中で必要とされたい」という願望を持っている場合が多いからです。

過去には僕も「ボーッと待っているだけで、特に何のスキルもないけどこのままで大丈夫かな」と不安になったことがあります。

 

そして、副業は「自分の力でお金を稼ぐ」ということですので、当然ですが、誰かに価値を感じてもらえなければ1円も稼ぐことはできません。

逆にいうと、お金を稼げるようになれば、「自分のスキルや存在が社会で必要とされている」ということなります。

 

さらに、副業すれば仕事の暇な時間はなくなりますし、仕事中に作業はできなくても頭の中で考えを整理したり、帰ってからすることを考えることはできます。

 

このように副業は、暇な時間がなくなるだけではく、自分の社会的価値を高めることができる一石二鳥の方法です。

hayatoblog
はやと
副業ならば仕事が死ぬほど暇で辛いという悩みを根本から解決することができます。

 

以上が暇すぎる仕事から脱出するための具体的な行動です。

続いては、最もおすすめとご紹介した「副業」についてさらに詳しく解説したいと思います。

 

仕事が暇すぎて辛いならブログで副業がおすすめ!

副業がおすすめと言われても一体何をしたらいいのかわからない人がほとんどだと思います。

 

そんな方に最もおすすめの副業がブログ」です。

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、ブログはWEBビジネスのひとつでパソコン1台あれば誰でも始めることができるビジネスです。

 

そして、特に副業としてブログがおすすめの理由には

・知識とスキルゼロでも始められる
・初期投資が少なく、ローリスク
・いつでもどこでも働くことができる

といったことが挙げられます。

詳しく解説していきたいと思います。

 

理由① 知識とスキルゼロから始められる

副業でお金を稼ぐにはほとんどの場合、ある程度スキルを持っていないといけませんが、ブログの場合は知識やスキルがゼロの状態からでも始めることができます。

ブログやWEBビジネスと聞くと、「難しいことをしてそう」と思われる方がいるんですが、全くそんなことはないんですね。

 

また、ブログはパソコン1台とネット環境があれば誰でも始めることができます。

僕も理系の仕事をしていたのでブログの専門知識はゼロでしたが、そんな畑違いの状態からでもちゃんと稼ぐことができました。

サイトもネットで調べれば、1~2日もあれば簡単に作れてしまいます。

 

そのくらい「ブログで稼ぐ」というのは始めやすいビジネスなんです。

 

理由② 初期投資が少なくローリスク

ブログはほとんど初期投資をかけることなく始めることができるため、失敗したとしても損失がとても少ないです。

 

必要なお金としては

・パソコン代:3万円くらいのものでもOK
・インターネット代:月4000円くらい
・サーバー&ドメイン代:月1500円くらい

このくらいで済んでしまいます。

パソコンとネット環境はすでに整っている人であれば、サーバーとドメイン代だけで始めることができます。

 

もしも飲食店を開こうとしたら、土地、建物、原材料、人件費など様々なものがかかってきます。

月5千円くらいでビジネスをするなんて不可能ですよね。

 

ブログは初期投資が少なく、ローリスクであるため、副業で始めやすいビジネスと言えます。

 

理由③ いつでもどこでも働くことができる

ブログはWEBビジネスなのでPC1台とネット環境あればいつでもどこでも働くことができます。

ある時間にある場所でなければ仕事ができないとなると大きな制限になりますが、家でもカフェでも朝でも夜でも稼げるのであれば、どんな人でも始められますよね。

 

仕事が終わってからカフェで記事を書いてもいいですし、朝が得意であれば、朝早く起きてブログを書いてもいいです。

とにかく自分にあった働き方をできるのがブログのメリットです。

 

僕も仕事が終わった後から記事を書くことが多かったので、平日はいつも21:00以降から作業をしていました。

それでも会社員時代の月給以上を副業ブログで稼ぐことができたので、ブログは本当におすすめのビジネスと言えます。

 

以上が、僕が、副業としてブログをおすすめする理由です。

hayatoblog
はやと
ブログはリスクが極端に少ないにもかかわらず、働きやすく初心者でも始めることができるとメリットだらけのビジネスなんですね。

 

仕事が死ぬほど暇すぎて辛いを解決するために

ここまで、仕事が死ぬほど暇すぎて辛いという状態の問題点とどのように解決したらいいのかを解説してきました。

 

仕事が暇すぎて辛いという状態は、人生の貴重な時間を無駄にしていることはもちろん、自分の社会的価値もどんどん失われているため、できるだけ早く行動した方がいいです。

 

そして、その辛い状況を解決する方法として最もおすすめなのが副業でブログをすることです。

ブログには

・知識とスキルゼロでも始められる
・初期投資が少なく、ローリスク
・いつでもどこでも働くことができる

といったメリットがあるため、副業としておすすめのビジネスです。

 

ですが、まだどうやってブログで稼ぐのかイメージするのは難しいと思います。

そんな方は、僕のメルマガをチェックしてみてください。

メルマガでは、ブログでお金を稼ぐ仕組みとその具体的な方法を解説しています。

 

この記事を読んで、ブログで稼ぐという生き方に興味を持っていただけたら幸いです