ブログ外注の費用相場は?格安で記事を書いてもらう方法も解説

ブログで記事を外注する費用っていくらかかるの?

相場はどれくらい?

 

こんな悩みを解決します。

【結論】
・ブログを外注する費用と相場はライターさんのレベルによって変わります
・ただ、ブログ初心者でも初心者ライターさんと契約することで費用を抑えることができます。

 

こんにちは、はやとです。

「ブログを外注できたら楽になるのに」とは思ってみたものの、やっぱり気になるのは「お金」ですよね。

ブログに費やす時間を節約できるのは嬉しいですが、できる限り赤字は避けたいものです。

 

そこで今回は、ブログ外注の費用と相場、さらに格安で外注ライターさんと契約する方法を解説します。

【本記事の内容】
・ブログの外注費用の相場
・ブログを格安で外注する方法

 

ちなみに、初心者ブロガーさんでも費用を抑えて記事を外注する方法があります。

実際に僕は、300〜400円くらいで記事を書いてもらえているので、その方法もご紹介します!

ブログ外注の費用相場

まず、普通にブログを外注するといくらかかるの?という疑問にお答えします。

 

ブログを外注するときの報酬単価は「文字単価」と「記事単価」の2種類があります。

多くの場合は、同じ条件で比較するために「文字単価」で相場を判断します。

 

そして、今回は

・クラウドソーシング
・記事作成代行サービス

の2種類の費用相場を解説します。

 

クラウドソーシング

クラウドソーシングサービスとは、インターネットを通じて不特定多数の人々に向けて仕事を発注することができるサービスのことです。

・クラウドワークス
・ランサーズ

などが有名です。

 

クラウドワークス

クラウドワークスのブログ外注費用の相場は、以下のようになっています。

費用相場としては1文字0.5~5円程度です。

詳細なリサーチやSEOなどの専門知識を要する記事制作の場合、1文字1.5~3円程度がひとつの目安となります。

出典:クラウドソーシングTIMES

仮に、1000文字の記事を書いてもらった場合、500円〜5000円ということになります。

 

ランサーズ

ランサーズのブログ外注費用の相場は、以下のようになっています。

一般的なテーマ:0.5~2.0円/文字
特定のテーマ:0.8~3.0円/文字
専門性なテーマ:1.2~5.0円/文字

出典:ランサーズ

ランサーズもブログのテーマや専門性によって文字単価が変わりますが、文字単価0.5~5円とクラウドワークスと同じ相場となっています。

 

記事作成代行サービス

記事作成代行サービスもクラウドソーシングと似ていますが、運営者に変わって記事を書いてくれるサービスのことです。

ただ、こちらは専用のプロの方が対応するので、タイトル・見出し作成やキーワード選定、リライト作業などをどこまでお願いするかによっって料金が変わります。

例えば、「記事作成代行プロ」ではプランによって文字単価が3.5円~7.5円まで変動します。

出典:記事作成代行プロ

様々なサービス内容があるので、文字だけで費用相場を出すのはちょっと違うかもしれませんが、仮に1000文字の記事をお願いすると、3500円〜7500円が相場となります。

 

ブログ記事の外注に費用相場はあまり関係ない

クラウドソーシングサービスなどが公表しているブログ外注の費用相場を見てどう思いましたか?

画像名
女性
1000文字500円は高くて手が出ない
てか、1000文字って足りなくない?

と思いませんか?

最近のSEOは記事質も重視されているので、最低でも2000文字は欲しいところです。

そうなると、1記事で最低でも1000円のコストがかかることになるのでなかなかの負担になります。

 

ですが、実際は費用相場ってあまり関係ないです。

 

実は、クラウドソーシングには安い記事単価 or 文字単価でも記事を書いてくれる初心者ライターさんがたくさんいます

そういった初心者ライターさんに記事作成を外注することで、費用相場よりもコストを抑えることができます。

僕の場合は、300〜400円で1記事を書いてもらっていて、5000文字など頑張ってもらったときには単価を数十円UPしています。

 

画像名
女性
でも、初心者に頼んで大丈夫なの?
記事の質は大丈夫?
hayatoblog
はやと
意外かもしれませんが、むしろ初心者に頼んだ方が良いです!

 

初心者ライターさんに頼んだ方がいい理由は

・スキルがないおかげで依頼や修正を素直に対応してくれる
・報酬<スキル or 実績という考えを持っている
・在宅で働きたいという思いがある
というためです。

 

スキルがあるライターさんだと、少なからず自分の書き方へのこだわりがあるので、文章にクセがあったり、修正をお願いしても嫌がられたりします。

また、自分のスキルに見合った報酬を求めるので、安価だとあまり仕事を頑張ってくれないこともあります。

 

一方で、初心者であれば、ライティングスキルがまだないので、こちらの依頼に対して柔軟に対応してくれます。

そして、報酬よりもスキルや実績を求めているので、安価でも仕事を頑張ってくれます。

中には、赤ちゃんがいる主婦など、「在宅で働いて少しでもお金が欲しい」という方もいて、お仕事をもらえるなら!と頑張ってくれます。

 

安い単価で記事を外注することについては賛否が出るところではありますが、ブログ運営者からすると安い金額で頑張ってくれるのであれば、その人にお願いしたいですよね。

それに、2000円出して記事を書いてもらったからといって特段いい記事になることはありません。

むしろ300円でも一生懸命頑張ってくれるライターさんの方が自分好みの記事を書いてくれることもあります。

 

そのため、ブログの外注は初心者ライターにお願いするのがおすすめです。

 

ブログを格安で外注する方法

ブログの外注は初心者ライターとの契約がおすすめですが、

画像名
女性
単価が安かったら応募がないのでは?

と思いますよね。

確かに、1~2時間かかるような作業が300円だとしたら、時給にすると150~300円です。

hayatoblog
はやと
自分が働くことを考えたら、絶対にこんな時給では仕事を引き受けないですよね・・・

 

ブログを格安で外注するためにはコツがあって

記事を書いてお金を稼ぎながら、ライターとして成長できる」

という価値を提供して募集します。

 

「本当にそれで集まるの?」と思うかもしれませんが、

・スキマ時間で稼げるようになりたい主婦
・会社以外にも副業で収入を得たい会社員
・自分で稼ぐ力を身につけたい学生

など、ライターとして成長したいと考えている人はかなりいて、「スキルを身につくなら!」と安価でも契約してくれます。

 

初心者ライターさんは、「報酬<スキル・実績」という考えを持っている方が多いので、お金以上の価値を感じるものを募集文で提示すれば応募は集まります。

中には、1記事100円やそれ以下で募集する人もいます。

どの金額にするかは募集者の自由で、需要と供給のバランスによって応募があるかないかが変わってきます。

 

当然ですが、ライターさんは「成長できるんだ!」と思って契約しているので、こちらが何の価値も提供できなかったらすぐに辞めてしまいます。

ライターさんに「どんな記事を書いて欲しいのか」「どこを修正して欲しいのか?」ということは具体的に伝えられるようにしておきましょう。

 

初心者でもブログはどんどん外注した方がいい

ここまで、ブログの外注費用の相場と格安で外注する方法ついて解説しました。

ブログを外注する相場は0.5~5円などお願いする内容によっても変わりますが、相場はほとんど関係なくて、初心者ライターさんと契約すれば費用を抑えることができます。

そして、長くお付き合いしていけば、自分好みの記事を書いてくれるライターさんへと成長してくれます。

 

また、初心者ブロガーさんであれば、ライターさんも初心者の方が気兼ねなく話ができますし、むしろ仕事が進めやすいです。

費用も1記事300円程度であれば、50記事お願いしても15000円なので、セルフバックアフィリエイトをすれば元は取れますし、初心者ブロガーでも外注に挑戦することは可能です。

 

外注は稼げてからするもの!と思いがちですが、ブログの外注はお金を稼ぐこと以外にもメリットがたくさんあります。

そのため、僕はまだ稼げていない初心者でもブログをどんどん外注することをおすすめしています。

 

初心者がブログを外注してどうやって稼いでいくのかは、僕のメルマガ講座でご紹介しています。

ご興味があれば、登録してみてくださいね!