パーマリンクの設定方法|SEO対策になる推奨設定も解説!

パーマリンクとは記事毎のURLのことです。

WordPressであれば、パーマリンクは勝手に設定されるのですが、推奨の設定があります。

本記事ではSEO対策にもなるパーマリンクの設定方法について解説していきます。

パーマリンクとは?

まずパーマリンクについて少し詳しく解説していきます。

パーマリンクはブログのドメインの下で設定するURLのことで以下画像のように変えることができます。

 

赤枠内の文字列を変えることで、

「この記事はhayato-blog.jp内に存在する記事ですよ」

と伝えることができます。

お店の中のどこに商品があるのかが分かるようするためのタグのようなものだと思ってもらったらOKです。

 

WEB上では1記事ごとにパーマリンクを変えることで記事の場所を指定してあげるんですね。

 

パーマリンクとSEOの関係

続いてパーマリンクとSEOの関係について解説していきます、

パーマリンクとSEOの関係についてははっきりしたことは分かっていないのですが、Gooleが推奨している設定方法があります。

そのため、そのルールにしたがって設定するのが望ましいでしょう。

 

そしてGoogleは

・シンプルな構造にする
・論理的かつ人間が理解できるURLにする
・キーワードは区切り器具で区切る
・アンダースコア(_)ではなく、ハイフン(-)で繋ぐ
以上の4つを推奨しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

可能な場合は、長い ID ではなく意味のある単語を URL に使用します。

引用元:Googleサーチコンソールヘルプ

URL では区切り記号を使うと効果的です。区切り記号により、ユーザーや検索エンジンが URL に含まれるコンセプトを簡単に識別できるようになります。

URL にはアンダースコア _ ではなくハイフン - を使用することをおすすめします。

引用元:Googleサーチコンソールヘルプ

 

また、パーマリンクは英数字でなければ、正確に読み取ってもらうことはできません。

日本語にすると文字化けしてしまうので、Googleが推奨する「シンプルな構造」からは外れてしまいます。

 

そのため、パーマリンクは

・英数字
・記事のキーワードを使った英単語
・キーワードはハイフンで繋ぐ
・できるだけ分かりやすくする

といったことを意識して付けましょう。

 

パーマリンクの設定方法

それでは実際のパーマリンクの設定方法について画像付きで解説していきます。

①WordPressの管理画面にログインする

WordPressの管理画面URLにIDとパスワードを入力して管理画面にログインします。

 

②パーマリンク設定をクリックする

「設定」の「パーマリンク設定」をクリックします。

 

③投稿名にチェックを入れる

投稿名にチェックを入れます。

その後、ページ下部の「変更を保存」をクリックします。

 

以上でパーマリンク設定は完了です。

今回ご紹介したパーマリンク設定を行うとデフォルトでタイトル名がパーマリンクとして設定されます

実際に投稿する際にはパーマリンクを手動で設定して投稿するので、最後にその方法をご紹介します。

 

パーマリンクの推奨の設定方法

現在の設定ではタイトルがパーマリンクとして設定されます。

 

パーマリンクは

・英数字
・記事のキーワードを使った英単語
・キーワードはハイフンで繋ぐ
・できるだけ分かりやすくする

が望ましいので、これに沿うようにつけていきます。

 

本記事を例にすると、キーワードは「パーマリンク 設定方法」となるので、「Permalink-set」などが望ましいです。

パーマリンクを変更する場合は「編集」をクリックして編集します。

 

編集が完了したら、「OK」を押すとパーマリンクが変更されます。

以上で設定は完了です。

パーマリンクもGoogleの推奨設定にすることで評価が上がる可能性があるので、しっかりと設定するようにしてくださいね。

 

パーマリンクの設定方法まとめ

ここまでパーマリンクの設定方法について解説しました。

パーマリンクを設定したら、次は「WordPressテーマのインストール」です。

こちらでまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね!

関連記事>>WordPressテーマのインストール方法|おすすめ有料テーマ3選も紹介