独自SSLの確認と設定方法|セキュリティ対策を万全にしよう!

独自SSLとは通信を暗号化する技術のことであり、設定するとブログのURLがhttpからhttpsになります。

当サイトで解説している方法でWordPressをインストールしていれば、独自SSL設定も完了しているはずですので、この記事では確認をしていきます、

それでは、独自SSLの確認と設定方法について解説していきます。

独自SSLの確認方法

当サイトで推奨している方法でエックスサーバーと契約していれば既に独自SSLの設定は完了しているはずです。

ここでは念のため、確認作業をしていきます。

①サーバーパネルにログインする

エックスサーバーのトップページにアクセスして右側のログインから「サーバーパネル」をクリックします。

 

次にサーバーIDとサーバーパネルパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

 

②SSL設定をクリックする

ドメインのSSL設定をクリックします。

 

③ドメインを選択する

独自SSL設定をするドメインの「選択する」をクリックします。

ちなみに、この画面の時点で「独自SSL」の項目が「1個」となっていればSSL化は完了しています。

 

④独自SSL設定追加のタブをクリックする

「独自SSL設定追加」のタブを開いてSSL化されているかを確認します。

「既に独自SSLが設定されています」と表示されていればOKですので⑤に進んでください。

 

もし表示されていない場合は「確認画面へ進む」をクリックしてください。

次に「追加する」をクリックすると独自SSL化は完了です。

※完了するまでに1時間ほどかかる場合があります。

 

⑤WordPressにログインする

ここからはWordPress側での設定になります。

まずWordPressにログインしてください。

管理画面のURLはサーバーパネルの「WordPress簡単インストール」→「ドメイン選択」で確認することができます。

 

⑥設定の「一般」をクリックする

WordPressの管理画面にログインできたら、画面左側の設定から「一般」をクリックします。

 

⑦URLを「https://」に変更する

WordPressアドレスとサイトアドレスの2つを「https://〇〇」に変更します。

※〇〇は独自ドメイン名です。

変更したら、ページ下部の「変更を保存する」をクリックします。

これでWordPress側の設定も完了で、独自SSLの確認は終了となります。

ブログのURLが「https://」に変わっているはずですので、確認してみてください。

 

まとめ

ここまで独自SSLの設定方法についてまとめてきました。

独自SSLが完了したら次はパーマリンク設定です。

パーマリンクも細かい設定なんですが、事前に済ませておかないと後々大変なことになるのでしっかりと設定しておきましょう!

 

パーマリンクの設定方法はこちらでまとめています。

関連記事>>パーマリンクの設定方法|SEO対策になる推奨設定も解説!